旅行や宿泊についての様々なプランやアイデアを提案する
【ミモザの旅行プラン】
へようこそ

姉妹サイト【失敗しないための宿選び】にもお立ち寄り下さい。

ドラえもん海底ワールド・吉岡海底駅見学のページはこちらに移動しました。

ハワイの“白い山”からスターゲイジング(星空観測)

ハワイの“白い山”マウナケア

ご存じの方も多いと思いますが、“常夏の島”ハワイにも雪が降ります。

雪が降るのは、ハワイ語で“白い山”という意味のマウナ・ケア。ハワイ島にそびえる標高4205mのマウナケア山の、山頂付近の年間平均気温は6℃。
主に冬季、標高3000m付近から山頂にかけて雪におおわれるそうです。

日本の富士山の標高は3776mですので、たとえハワイであっても、3000〜4000m級の山に雪が降るのは不思議ではないのですね。

しかもマウナケアは山頂付近まで車で登れるため、地元の人々は、マウナケアに雪が降ると車で雪遊びに出かけ、午前中はスキーやスノーボード、午後は海でサーフィンを楽しんでいるとかいないとか。

高山病は大丈夫なのだろうかなどと、余計な心配をしてしまいますが、ともかく、ハワイ島はスポーツ好きの方には天国のような島です。

ちなみにハワイでは、マウナケアの他にもマウイ島のハレアカラ山(3055m)、ハワイ島のマウナロア山(4169m)に雪が降りますが、ハレアカラは殆ど雪が積もらず、マウナロアは本格登山となり気軽にアクセスしにくいため、ハワイで雪遊びができる山というと、マウナケアに限られてくるそうです。

マウナケア山頂は天文台銀座

マウナケア山頂付近は、年間300日以上も晴れていること、空気が澄んでいて大気が安定していること、地上光の影響が少ない、車で資材輸送が可能、などの理由から理想的な天体観測地点とされ、日本のすばる望遠鏡をはじめ、ケック1、ケック2、ジェミニといった世界最大級の望遠鏡が集まっています。合計11ヶ国から13台といいますから、ちょっとした「天文台銀座」状態です。

ハワイ大学 マウナケアの観測所

Google Maps Generator

グーグルマップで見たすばる望遠鏡。となりは不鮮明ですが、ケック観測所です。

地図を移動するとジェームス・クラーク・マックスウェル望遠鏡や、カリフォルニア工科大学サブミリ波望遠鏡、マウナケア登山では必ず立ち寄ることになるオニヅカ・ビジターセンターも確認できます。

ちなみに、オニヅカ・ビジターセンター内にはトイレや土産物コーナーの他、マウナケアに関する展示写真、ビデオ上映もあるそうです。NASAの宇宙食も売っているとか。また、建物の近くには、ハワイ固有の希少な高山植物「銀剣草(Silver Swords)」が保護されています。

センター名の“オニヅカ”は、ハワイ島コナ出身の宇宙飛行士、故エリソン・ショージ・オニヅカ大佐を偲んでつけられたものです。

すばる望遠鏡

国立天文台がマウナケア山頂に設置したすばる望遠鏡は、単一鏡(一枚鏡)としては世界最大の口径8.2mの主鏡をもつ光学赤外線望遠鏡です。

製作に3年、研磨に4年をかけた、厚さ20cmの主鏡の鏡面誤差は平均14ナノメートル。主鏡をハワイ島の大きさにしても、わずか紙一枚の厚さ程度の誤差とのこと。さらに、傾けた際の歪みを補正するために261本のロボットの指(アクチュエーター)が主鏡を支え、常に鏡を理想的な形に保っているそうです。

1991年に建設が開始され、数多くの最新技術が駆使されたすばる望遠鏡は、1999年から観測を開始。日本人研究者だけでなく、多くの海外の研究グループにも利用されています。

国立天文台ハワイ観測所 すばる望遠鏡

また、国立天文台ハワイ観測所では、2004年10月よりすばる望遠鏡ドーム施設内の一般公開を開始し、ウェブサイトより申込みが可能となっています。

残念ながら、すばる望遠鏡で星空を眺めることはできませんが、観測所ガイドの案内によって、世界最大級の望遠鏡を間近に見ることが可能です。興味のある方は参加してみる価値があるでしょう。

※見学は完全予約制で、16歳未満の方、妊娠中の方、健康に不安のある方は参加できません。
※見学中に起こりうるけがや病気に対してカバーする保険に、必ずご加入ください。
以下の注意事項もお読み下さい。

マウナケア・スターゲイジング(星空観測)

理想的な天体観測スポットであるマウナケアでは、肉眼でも日本とは別世界の星空を見ることができます。天の川などは完全に白い帯となり、見慣れているはずのオリオン座やカシオペア座などは、周囲に見える星が多すぎるために、かえってわかりにくいそうです。

しかも、星空だけではなく、山頂から見る夕陽が素晴らしい美しさで、太陽が水平線ならぬ雲海に沈んでいくにつれて、空のグラデーションが変化していくさまは、言葉にならないほど大きな感動を呼び起こすとのこと。

マウナケア山頂の美しい画像があるサイトです。

Astronomy Photos

ハワイ島に、サンセット・スターゲイジングツアーを企画する旅行会社が多数あることからも、その人気の高さが伺えますね。

ハワイは、非常に見どころの多い有名な観光地ですから、初めて訪れる方にとっては、マウナケアよりも魅力的な観光スポットも多いことと思います。

しかし、二度目、三度目に訪れる方々にとって、日没のマウナケアは、訪れる価値のある観光スポットの一つではないでしょうか。

マウナケア山頂へのアクセス

マウナケア山頂へのアクセスは、ハワイ島に知人がいない場合は、個人でレンタカーを利用するか、現地の旅行会社のツアーに参加することになるでしょう。

マウナケア登山の際に注意すること

標高4205mのマウナケア山頂の大気圧・酸素量は平地の60%、気温は海辺より25℃以上低く、湿度は10%以下です。このためマウナケア山頂へ行く際には、高山病などに対して充分な配慮をする必要があります。

各旅行会社やすばる望遠鏡の注意事項などをまとめると、以下のようになりました。

  • 心臓疾患や呼吸器疾患がある、妊娠している、高血圧、以上のいずれかに該当する人は登らない。
  • ハワイ州政府の指導により、12歳以下(16歳未満?)の子どもは、いかなるマウナケア山頂ツアーにも参加できない。
  • すばる望遠鏡見学、いくつかの旅行会社のツアーには16歳未満の子どもは参加できない。
  • 体を高地に順応させるため、マウナケア中腹(約2800m)のオニヅカ・ビジターセンターで、30分以上(1時間)の休憩をとること。
  • 紫外線が強いため、日中は日焼け止めやサングラスを着用する。
  • 最低48時間前から喫煙をつつしむこと。
  • 登頂前に十分な水分をとる。
  • 腸内のガスを膨張させる豆類、タマネギ、キャベツなどを食べ過ぎない。
  • 潜水病の危険があるため、登山前24時間以内にスキューバダイビングはしない。
  • 飲酒後に登らない。
  • 山頂付近では走ったり、急な動作をしない。
  • 酸素摂取量が減るため、山頂付近では眠らない。
  • 日本から到着した当日の登山は避ける。
  • 服装は長ズボン、スニーカーなど。気温が低いことを考慮する。

年齢制限は各会社によって若干異なるようですが、途中のオニヅカセンターまでは12歳以下でも行けるので、マウナケア山頂へ行かずに星空観測のみのツアーを組んでいる旅行会社もあります。

また、満月の夜は星が見えにくくなるので、星空を堪能したい方は、新月または新月に近い月齢の日を選んで、マウナケアを訪れましょう。

レンタカー利用によるマウナケア登山

個人でレンタカーを利用する場合、通常(乗用車)のレンタカーは、マウナケア山頂に通じる登山道やサドルロードの通行は保険適用外です。高地仕様でない車はエンストしやすいという情報も。

また、マウナケア山頂付近は、天体観測に支障をきたす日没後のヘッドライト点灯が禁止されています。夕陽を見た後は、スモールライトをたよりに急勾配の坂道を下山することになります。

ハワイ島では唯一「Harper Car and Truck Rental」がマウナケアまで通行可能な4WDをレンタルしているそうですが、Harperの保険は免責額が$8000(約100万円以下は自己負担)という情報もありますので、レンタカーを利用する計画のある方は注意したほうが良いかもしれません。

現地旅行会社によるマウナケア山頂ツアー

ハワイ島には、マウナケア山頂ツアーを企画している旅行会社が多数あります。ツアーの多くはハワイ島西部のカイルア・コナ地区から出発しますので、参加される方はコナ近辺に宿泊した方が便利です。

ツアースケジュールは、おおむね以下のようになり、会社によって際だった違いは無いようでした。ツアー料金は150〜170ドル程度で、夕食、飲み物、防寒着の貸出などが含まれています。

  1. 午後1時〜3時頃にカイアル・コナ地区、サウス・コハラ地区などのホテルから出発(出発時刻は日没に合わせて変動)
  2. マウナケアの南側を通るサドルロードを経由してマウナケアへ。
  3. 2800m地点のオニヅカセンターで30分〜1時間の食事休憩。
  4. 出発から3時間程度(休憩含む)でマウナケア山頂到着。30分程度日没を楽しむ。
  5. 3800〜4000m地点、またはオニヅカセンターで星空観測。約1時間。
  6. 午後9時30分〜11時頃ホテル到着。

マウナケアでのサンセット・スターゲイジングツアーを行っている旅行会社をいくつか紹介。いずれも日本語対応です(料金は2006年8月現在)。

太公望ハワイ($160/1人)
山頂で夕陽を鑑賞後、オニヅカセンターで星空観測。
かなり古くから日本語対応の星空観測ツアーを行っている老舗です。

ハワイ島 マサシのネイチャースクール($150/1人)
山頂で夕陽を鑑賞後、4000m地点で星空観測。

Big Ti($150/1人)
山頂で夕陽を鑑賞後、オニヅカセンターで星空観測。
すばる望遠鏡内部見学と星空観測を組み合わせたプランもあります。

ハワイ島へのパッケージツアー

ここでは、マウナケア山でのサンセットと星空観測を楽しむことが可能な、パッケージツアーをご紹介いたします。

※情報は2007年3月末現在のものです。

ハワイ島へのパッケージツアー

ルックJTB

現在のところ、ルックJTBにはマウナケア山頂ツアーがセットになったプランが見あたりませんので、前述の現地旅行会社によるツアーを、自由行動日に組み合わせることになります。

■マイセレクト ハワイ島(3泊)+ホノルル8日間
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ(部屋指定なし)+パシフィック・ビーチ・ホテル(部屋指定なし)JALウェイズ

ハワイ島での終日自由行動:2日間
最少催行人員:1名 添乗員:なし
設定期間:〜2007年6月
利用代金:\176,000〜(2名1室利用の場合・大人1名あたりの金額)

プラン詳細: 東京発名古屋発大阪発

2007年3月の東京・新潟売れ筋ツアーランキング2位のプラン。
ハワイ島での宿泊はAグレードのヒルトン・ワイコロア・ビレッジ。イルカと遊べるドルフィン・クエストをはじめ、数多くのアクティビティが用意された大型リゾートホテルです。日本語ゲスト・サービス・デスクも設置されています。

 

■マイセレクト ハワイ島5日間
ザ・フェアモント・オーキッド・ハワイ(部屋指定なし)

ハワイ島での自由行動:2日間
最少催行人員:1名 添乗員:なし
設定期間:〜2007年6月
利用代金:\134,000〜(2名1室利用の場合・大人1名あたりの金額)

プラン詳細:東京発名古屋発大阪発

宿泊はLグレードのザ・フェアモント・オーキッド・ハワイ。目の前にはシュノーケリングも楽しめる白砂のビーチ。スパや独自のヘルシープログラムも用意されています。日本語対応のスタッフもOK。

 

<その他、JTBのコナ宿泊ツアープランはこちら>

東京発名古屋発大阪発

 

その他のツアープラン

阪急交通社:東京発大阪発
ハワイ特集ページの中ほどにある「キーワードで探す」で“マウナケア”を入力すると、マウナケア星空観測ツアープランが見つかります。

 

日本旅行:ハワイ島ツアー検索
ハワイ島ツアーを検索できます。現地旅行会社のツアープランと組み合わせてどうぞ。

ツアー選択のポイントは、日本からの到着日のマウナケア登山は体への負担が大きいことと、星空観測終了は午後10時頃なので、最低でもハワイ島に2泊するツアーを選ぶことでしょうか。

<ハワイでも使える携帯電話はこちらから>


海外で使える携帯電話
ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクモバイルでは、電話番号は変わらずに
海外にいてもつながる3Gケータイをオンラインで購入可能です。

個人手配によるハワイ島旅行

すでに何度もハワイを訪れているが、いつもパッケージツアーを利用していて、個人旅行は未経験という方もいらっしゃると思います。

“脱パックツアー!自由な海外旅行をしたい”とお考えの方には、二度目、三度目のハワイは手頃な練習台といえるかもしれません。

航空券の手配

ハワイ行き航空券のオンライン予約が可能なサイトを、いくつかご紹介いたします。

<海外航空券のオンライン予約可能サイト>

スカイゲートイーツアー

スカイゲートでは、海外の格安航空券を比較して予約できます。e-チケット対応で、航空券を持たずに旅行可能です。

イーツアーの海外格安航空券商品数は約15,000件、年間顧客数は、4万人超とのこと。自社ポイントサービスを導入し、次回購入時の割引に加えGポイントとも交換できます。Gポイント経由でマイルへ移行OK。

ハワイ島のホテル・コンドミニアム

コナ地区近辺で定評のあるホテル、コンドミニアムをいくつか。

キング・カメハメハズ・コナ・ビーチ・ホテル
King Kamehameha's Kona Beach Hotel

カイルアコナの中心地、カイルア湾に面したホテル。非常に知名度が高く、人気があります。カメハメハ大王が晩年を過ごした地に建てられたそうで、ホテル内にはハワイ王朝時代のコレクションが展示されています。

75-5660 Palani Rd., Kailua-Kona, HI, 96740

オフィシャルサイト

<宿泊プラン詳細・空室確認・予約はここから>

アップルワールドHotel ClubJTB海外

アウトリガー・カナロア・アット・コナ
Outrigger Kanaloa at Kona

カイルアコナのすぐ南、ケアウホウ地区にあるコンドミニアムです。
全客室にキッチンとラナイ(ハワイ式ベランダ)を備え、車で5分の距離にあるケアウホウショッピングセンターで食料品や日用雑貨が揃うため、長期滞在客にも人気があるそうです。
施設内の地中海レストランEDWARD'Sは、地元の人々にも評判とか。

78-261 Manukai Street, Keauhou, Kailua-Kona, HI, 96740

オフィシャルサイト

<宿泊プラン詳細・空室確認・予約はここから>

アップルワールドHotel ClubJTB海外

マウナ・ラニ・ベイ・ホテル&バンガローズ
Mauna Lani Bay Hotel & Bungalows

コハラコーストのマウナラニリゾートにある高級リゾートホテルです。
ハワイの伝統的なヒーリングの習慣に基づいてつくられたマウナ・ラニ・スパをはじめとして、さまざまなアクティビティが用意されています。また、日本語対応が可能なスタッフも常駐しています。

68-1400 Mauna Lani Drive, Kohala Coast, Hawaii, HI, 96743

オフィシャルサイト

<宿泊プラン詳細・空室確認・予約はここから>

アップルワールドJTB海外

フォーシーズンズ・リゾート・フアラライ
Four Seasons Resort Hualalai

コナコースト北部、コナ国際空港から車で10分の高級リゾートホテル。
緑に囲まれた建物は、すべて2階建てのバンガロースタイルで、家具付きのラナイを備えています。日本では、特にハネムーナーに人気のホテルとか。
ホテル内のレストラン“Pahu i`a”や、ジャックニクラウス設計のプライベートゴルフコース、スポーツクラブ、スパ&フィットネスサービスといったアクティビティは、いずれも高い評価を得ています。日本語対応スタッフもスタンバイしています。

100 Kaupulehu Dr.,Kaupulehu-Kona,HI ,96740

オフィシャルサイト

<宿泊プラン詳細・空室確認・予約はここから>

アップルワールドJTB海外

<その他、ハワイ島でのホテル予約はこちらから>

アップルワールドHotel ClubJTB海外スカイゲート

<ハワイでも使える携帯電話はこちらから>


海外で使える携帯電話
ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクモバイルでは、電話番号は変わらずに
海外にいてもつながる3Gケータイをオンラインで購入可能です。

ハワイやアジア、ヨーロッパなど、おすすめの海外ツアー情報はこちら

△TOP